美容には大切なことが2つあります。

綺麗な女性

うっかり日焼けをしたときの対処法

鏡を見る女性

肌の老化の原因の一つが紫外線です。紫外線はDNAにダメージを与え、ダメージが蓄積するとシミやシワなどのトラブルが表れます。そのため、ダメージ蓄積量が多い30歳ころから肌トラブルが増えるのです。
肌の老化を防ぐためには紫外線対策が重要ですが、うっかり日焼けしてしまったときはどうすればいいのでしょうか。
日焼けはやけどと同じような状態です。やけどをしたらまず冷やすのと同じで、日焼けしたときも冷やします。冷たいタオルを当てて肌の熱を取りましょう。ヒリヒリが治まったら、刺激が少ないクリームで保護します。
日焼けしている肌はバリア機能が弱っていて、普段何でもない化粧品が刺激になるので、肌の状態が回復するまでは敏感肌用の化粧品を使用します。しばらく様子をみて大丈夫そうになったら、普段の化粧品を使っても大丈夫です。
遺伝子のダメージを修復してくれるのがビタミンです。ビタミンC、ビタミンEなどが抗酸化力が高く、肌のダメージを回復してくれます。
食事からビタミンを摂るとともに、化粧品でビタミンを与えるのも効果的です。化粧品にはビタミン誘導体という形で配合されています。ビタミン誘導体は肌に浸透するとビタミンになって働きます。ビタミン誘導体は美容クリニックで購入できます。

TOP